<< 和光本所一般公開 | main | 新メンバー紹介 >>
播磨一般公開にボランティア参加 : 2009.04.26 Sunday
しろありんが出動と聞いてボランティア出動しました@播磨
実はSPring8が見てみたかったというのもあります。


晴れた空の下のXFEL棟

SPring8には実は名物キャラがいます。
それはニャン博士を始めとするエイトハカセ。
SPring8の研究者がこつこつと研究の合間に書きためたHP用のキャラクターです。
http://www.spring8.or.jp/ja/for_kids/

当日はニャン博士も出動という知らせを聞いて勇み立つチームしろありん!
とうとう感動の初対面をしたのでした。


ニャン博士の視線がかわいい

SPring8は大型放射光施設とあって、巨大な装置達のオンパレードなのですが、パネルを使った環境研究の説明は意外にじっくりと質問を交えながら聞いていって下さる方が多くて、励みになりました。
特に高校生や大学生のカップルが真剣に質問を繰り出しながら聞いてくれたケースが多かったのが印象的でした。
中には、一瞬ぼーっとしていた僕をつかまえて質問して下さる方もおり、環境問題に関する関心が高いんだということを再認識。頑張らねば!

シロアリ研究のみならず藻類研究や、植物センターの研究、基幹研究所で行われている重粒子線による植物育種や、触媒科学の可能性なども、それぞれ関心を引いてもらえたと思います。
どの方の説明の後にも、可能な限り、自然を僕たちはまだ全然知らないんですよ!ということを強調したのですが、高校生カップルの「・・・こんな世界もあるんですね」という言葉と、きらきらした目がとても(勝手に)嬉しかった春のXFEL建屋でした。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
【イベントレポート】市大バイオエキスパート研究体験「分子の目から見た生態系の環境応答」に行ってきた
今週も,横浜臨海部にある市大鶴見キャンパスで行われた,バイオエキスパート研究体験 に参加してきました.今日のお題は「分子の目から見た生態系の環境応答」. 理研基幹研の守屋繁春さんと,理研PSCの菊地淳さんにもろもろ教えていただきました. 海洋の微細藻類を
  • Science and Communication
  • 2009/06/13 9:37 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
profilephoto バイオスフェア科学創成研究ユニットのHPへ戻る
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others